About Us

2018年にスタートした新しい研究室です。2021年より教授の畠山と准教授の岡本のスタッフ2名体制となりました。パワーエレクトロニクスの分野において、特にSiCパワーデバイスの設計、新規プロセス開発、デバイス物理の研究を行っています。地方の小さな研究室ですが、5年後には世界に通用する研究室となることを目指し、研究に励んでおります。

Power Electronics

パワーエレクトロニクスとは、パワー半導体デバイスと電気回路によって、電力の直流と交流を自在に変換する技術のことです。電車や電気自動車のモーター制御や太陽電池で発電した直流を交流に変換するなど、身の回りのあらゆる所に使われています。今後普及が進む電気自動車や、データーセンターの省エネ化などに必須の技術であり、さらなる性能の向上が社会から要求されています。

VISION

10年後、20年後に実際に世の中で使われるパワーデバイスにおいてキーとなる技術の開発、物理現象の解明を目指していきます。

  • 富山県立大学発の新しいデバイスを創造し、低炭素化社会実現に貢献する。
  • 自分たちにしかできないオリジナルな研究によって、世界と戦う。
  • 新たな価値創造ができる学生を育て、地域社会に貢献する。